keigoman’s diary 注文住宅物語

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

注文住宅でウォークインクローゼットを設けるにあたっての必須条件

 

最近は建売や分譲マンションなどでも、

WICのついた物件が多く見られます。

WICとは、ウォークインクローゼットの略。

押入などの収納とは異なり、

その名の通り、歩いて入ることができる、

収納専用の小部屋のことです。

 

注文住宅を建てるにあたり、

さまざまなモデルハウスを見て回った結果、

「やはりWICは欠かせない」という結論になり、

我が家もこれを設けました。

 

f:id:keigoman:20181031172553j:plain

 

 

左右の幅141㎝、奥行き270㎝。2.3帖ほどの広さの

WICにより、妻の衣装はすべてここに収まっています。

夏服も冬服もすべてハンガーに掛けておけるので、

衣替えという作業が全くいらなくなりました。

f:id:keigoman:20181031172525j:plain

↑赤い丸で囲まれた小部屋がWICです。

 

WICの広さについては家ごとの事情によって

異なるとは思いますが、

「WICはこうあるべき」という必須条件

はいくつかあります。

その具体的な内容について今回は書きたいと思います。

 

まず、日焼けによる服の劣化を避けるため、

窓はいりません。

特に注文住宅の場合は、窓をひとつつけるごとに値段が上がります。

家自体の値段を上げてまで、WICに窓を付ける必要はありません。

我が家のWICもまた、当然窓はなしです。

ヘーベルハウスが、我が家の設計の段階で

3階の日当たりのシミュレーションをした画像がこちらになりますが、

見ての通り、WICは真っ暗です。それでよいのです。

f:id:keigoman:20181119200627j:plain

 ↑①は、和室の押入。②はシアタールームの収納部分です。

 

さらにWICの絶対条件として、湿気はNO!です。

理由は言うまでもありませんが、服がカビるのを避けるため。

そこで、24時間換気の通風孔を設けました。

ここはもう、文字通り24時間つけっぱなしです。

それに加えて、梅雨時~秋までは、

ドラッグストアなどでよく売っている湿気取りも

3個ほど常駐させておりまして、

これで、入居して以来、全ての服はカビ知らずです。

 

間取りによっては、WICを寝室に面して設け、

出入口を2つ取ることで通り抜けられるようにするのも、

モデルハウスではよく見られます。

さらにそこに小さな化粧台を設け、

小さな洗面台も作られていたりするパターンもあり、

とっても憧れてしまうわけですが、

予算の都合でそれはあきらめました。

ただ、この場所で化粧をするのであれば、

この部屋も冷暖房する必要が出てきます。

それはそれで効率が悪くなってしまうとも考えられ、

負け惜しみ丸出しですが、WICはあくまでWIC。

薄暗くて湿気がこもらなければ、

それでよいのです。

 

ひとつの部屋を広くすると、その分、

隣り合う部屋が狭くなります。

そのせめぎあいの中で、ベストとなる広さを探し出す方法は、

こちらの記事がヒントになるかと思います。

 

www.keigoman.com

 

さらに、WICの中に全身鏡を設置すれば、

コーディネートのチェックもできて、

ますます使い勝手がよくなるので、

これも必須と言っていいかも。 

読者登録していただくと更新の大きな

励みに なりますのでよろしくお願いします。 

 
にほんブログ村

↑「読んだ甲斐があった」と思って

いただけましたら、クリックをお願いします。

大きなやりがいとなります。