keigoman’s diary

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

【web内覧】重量鉄骨三階建て二世帯住宅における一階親世帯の和室

 

卒論のタイトルみたいになっておりますが。

【web内覧】シリーズ第3弾です。

 

玄関を入って、右に入ると和室となっております。

f:id:keigoman:20190201145419j:plain

 

リビング側から見ると、こんな感じ。

f:id:keigoman:20190201161619j:plain

 

押入を設けた、四畳半の和室は、

ばあちゃんの寝室でもあります。

f:id:keigoman:20190201145557j:plain

 

地震のことを考えて、家具は最小限。

万が一、このタンスが倒れてきても大丈夫なよう、

これを避けた場所に布団を敷いているようです。

 

その、たったひとつの収納ダンスは無印良品製。

f:id:keigoman:20190201150015j:plain

 

実は洋室に2つ並べて置いた、

これと同じ商品なのですが、

f:id:keigoman:20190201150438j:plain

 

和室に似合うよう、また畳を傷めないよう、

短い脚部をのこぎりでズバッと切っております。

 

押入の中はこんな感じ。

f:id:keigoman:20190201160412j:plain

 

室内からの見た目をすっきりさせるために

天袋のための小さな襖を設けず、天井高としました。

 

また、押入の内部をどう切るかも、

注文住宅は自由にデザインできます。

※襖で見えなくなっている中央部のあたりには、

ハンガーの棒を支えるための仕切りが入っています。

そしてハンガーをかけるための棒は、

高さ違いの2列にしました。これによって、

じいちゃん用とばあちゃん用に分けるとか、

季節で手前と奥を入れ替えたりできるようにしました。

 

そして照明は、

以前私たち子世帯夫婦が住んでいた時に

マンションの和室で使っていたものを流用。

f:id:keigoman:20190201150742j:plain

 

カーテンはレースのシェード1枚です。

f:id:keigoman:20190201150952j:plain

 

1階のこの窓はこのように、

電動シャッターが付いているので…

f:id:keigoman:20190201153411j:plain

 

室内側に厚手のカーテンは不要と判断しました。

詳しくは下記の記事にて。 

www.keigoman.com

 

また、先ほどから「和室」と言っていますが、

敷かれている畳の表面は、い草ではなく和紙製。

オーダーする際にどちらかを選べるのですが、

経年による変色・変質がしにくい、和紙を選びました。

いわゆる「畳の匂い」がしない代わりに、

いつまでも新品のような、緑色のままですし、

紙とは思えない強度です。 

なんなら、い草よりもほつれにくいかも。

f:id:keigoman:20190201151319j:plain

 

またここで選ぶのは、和紙か、い草かだけではなく、

和紙とした場合の表面の色と、畳ふちの色やデザイン。

注文住宅というのは、ここまで自分たちで

決める必要があるということです。そして、

本当はこんな感じの、ふちなしの

正方形の畳にしたかったのですが…

f:id:keigoman:20190201152045j:plain

 

それは高いので、我が家は通常の長方形タイプです。

せめて「ふちなし感」が出るよう、畳ふちは

畳の色と合わせて目立たないものとしました。

 

さらに言うと、この畳は厚みが

1~2㎝ほどしかありません。まるで

薄~い板のような形状ですが、こうして

敷き詰めてしまえばそれは感じませんし、

将来的にフローリングにリフォームするときなど

その方が手間いらずで、

費用が安く上がるという利点があります。

 

また、この部屋にはエアコンがありまして。

f:id:keigoman:20190201153738j:plain

 

ここ(下図の斜線)にエアコンがあると、

通常は、この位置に室外機が来るわけです。

f:id:keigoman:20190201153851j:plain

 

しかし、それは外観として美しくないため、

「隠ぺい配管」という

オプション工事をしてもらいました。

エアコン設置業者に頼むのではなく、予め

ヘーベルハウスに依頼する必要のある工事です。

これによって配管は天井の中を通って、

家の裏側、隣家との境目にまとめられました。

f:id:keigoman:20190128210615j:plain

 

詳しくはこちらから。 

www.keigoman.com

 

そして先ほどからちょいちょい登場している、

作品名「金色のライオン」は、

ばあちゃん自慢のかわいい孫が

小学1年生の時に図工の時間に製作し、

県の展覧会で金賞をいただいたという逸品。

f:id:keigoman:20190201162244j:plain

 

いつでも、大好きなばあちゃんを見張っている、

和室の、いや我が家の、守り神なのであります。

読者登録していただくと更新の大きな

励みになりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑ランキングに参加しています。

こちらをクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。