keigoman’s diary 注文住宅物語

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

近隣トラブルを防ぐために。転居先でご近所さんに嫌われないようにする方法

 

「この予算内で

 できるのならお願いします」

ダメ元の気持ちでそう依頼した結果、

私たちはヘーベルハウスで

二世帯住宅を建てることができました。

f:id:keigoman:20190727205010j:plain

 

それまで別々に住んでいた子世帯と親世帯が、

この家で合体した形です。

そしてその土地は、どちらの世帯にとっても、

もともと縁もゆかりもない地域。

なぜそうなったのかというと、

それは、私たちが始めに出した以下の条件、

 

・価格

・祖父と嫁、どちらの職場にも近いエリア

・三階建て

・駐車場2台以上

 

…など、これらすべてに合致したものを

探した結果、この土地にたどり着いたからです。 

www.keigoman.com

 

注文住宅を建てる人の中には、

実家を建て替える方も多いかと思いますが、

私たちのように、

土地から探して買う方

も少なからずいることでしょう。

長い長いローンの旅を無事に乗り越えられるのか、

そもそもハウスメーカーはこれでよかったのか、

さまざまな不安がよぎるわけですが、中でも、

土地から購入した人にとって

避けて通れない不安は、

「近所にはどんな人が

 住んでいるのか」

ではないでしょうか。その土地に、

 

新参者として

やってくる私たちを

快く受け入れてくれるのか。

 

知らない土地に移り住むにあたり、

これは、とても大きな懸念事項となるわけです。

 

その不安…いや、嫌われてしまいかねないという

危険性を、少しでも下げる方法があります。

 

まずは、着工前にご近所の方々にご挨拶に行き、

「完成する●月頃までは騒音などでご迷惑を

 おかけいたしますが、よろしくお願いします」

と、顔見せをしておくというのが、ひとつ。

 

そしてもうひとつは、

私たちがここに

住み始めた後のことまで

考慮に入れてくれる、

きちんとした

ハウスメーカーや

工務店を選ぶこと

です。

 

この、工事前のご挨拶に「一緒に行きませんか」と

誘ってくれたのは、私たちの担当営業マンK氏でした。

そもそも、施主が行く行かないにかかわらず、

ヘーベルハウスの場合、担当者は近隣へのご挨拶に

行くよう定められているようです。

どうせ行くのならやはり、

そこに実際に住む人間がきちんと顔を

出した方がいいことは自明の理。

さわやかな笑顔を心がけ、なるべく

好印象を与えるべく、私たちは夫婦そろって、

当時5歳だった息子も連れ、挨拶回りをしました。

 

そしてまた、 

工事中は職人さんをはじめさまざまな方が

ここにやってきます。

敷地の中に車を停めることができるケースも

あるのでしょうが、そうでないことも多いわけで、

期間中、この家の近くにある民間の月極駐車場を、

ヘーベルハウスは2~3台分、借りていました。

路上駐車をして近所の人に

迷惑をかけないためです。

 

そしてまた、職人さんは、

路上で喫煙することが一切ありません。

工事現場の一番奥に喫煙所が設けられており、

煙草は、休憩時間の時だけ

ここで吸うというルールです。

その日の仕事が終わった後も、

敷地の外では、絶対に吸いません。

 

余談ですが、家を建てる土地に面した電線には、

工事車両や鉄骨が触れた際にこれを

保護するための養生も、

ばっちりなされていました。 

f:id:keigoman:20190727203201j:plain

 

工事が始まると、今度は、

大きな音がする

工事の前には、その都度、

現場監督が近隣の方々に

ご挨拶をしてくれていた

ようです。

このことは、この家に住んで近所の方と

立ち話をする仲になってから、

お隣の吉田さん(仮)から

初めて教えてもらいました。

「“明日と明後日の間、

 少しうるさくなりますがスミマセン”って、

 工事中に何度も来てくれたわよ~」

 

そんなことがあったのか。

改めて、大きなハウスメーカーの仕事ぶりに、

私たちは感心させられたのでした。

 

工事期間中の駐車場代も、電線の養生代も、

近所の方々へのご挨拶に行く際の手土産代も、

家屋の料金に含まれているものであり、結局は

全部ウチが支払っていることになるわけですが、

いいのです。

この家に住み始めて3年。

何をして触れ合うわけではありませんが、

近所の方々とこれといったトラブルは一切なく、

仲良く住まわせてもらっているのですから。

工事期間中から、ご近所にいい印象を

もたれるための努力を、ハウスメーカーが

してくれていたということに、

とても感謝しています。

 

さすが、の一言です。

 

 

そしてまた、建築中、

私たち夫婦は何度も現場を訪れましたが、

その度に感心していたのは、現場のきれいさ。 

www.keigoman.com

 

いつ行っても、きれいに整理整頓されています。

これに加えて、下の写真には、

f:id:keigoman:20190727161405j:plain

 

こんな貼り紙が。

f:id:keigoman:20190727161419j:plain

 

毎週金曜 8:00~
前面道路
一斉清掃

 

やるねえ。

 

また、我が家は三階建てですが、周囲の家は

そのほとんどが二階建て。それでも、

トラブルが起きることなく住めているのは、

ここが角地であることも影響しているはずです。 

www.keigoman.com

 

あれやこれやと、 

工事中にも、近隣住民の

印象や感情に対しての

配慮がなさている

というところに、改めて、

大手ハウスメーカーの大手らしさや、

その良さを感じました。

 

私たちのように、土地勘のないエリアに

これから家を建てて住む方は、

 

・工事が始まる前にあいさつに行く

 

・工事中も、特に大きな音が出る日は

 事前に近隣の方に断りを入れてもらうよう、

 現場の責任者に依頼する。

 

と、この2つを行うことで、少なくとも、

悪い印象を持たれることはないはずです。 

ちなみに近隣の挨拶の際、現場監督は

サランラップを配りまくっていたようです。

ヘーベルハウス=旭化成ホームズ

=旭化成=サランラップ

という図式です。

この2社は、大元は繋がっているわけです。

 

 

いよいよ入居となった日、私たちは

親世帯&子世帯の家族5人揃って、

改めてご近所に挨拶回りをしました。

その時に、とある一軒のお宅の、

初老の奥様から言っていただいた優しい言葉は、

今も忘れることができません。

 

私たちが手渡した品を受け取ると、

その人はにっこりと笑って、こう言いました。

 

 

「楽しみに、

 お待ちしていましたよ」

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑家ブログのランキングに参加しています。

上の写真をクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。

にほんブログ村テーマ Web内覧会*ヘーベルハウスへ【web内覧】
Web内覧会*ヘーベルハウス
WEB内覧会*リビング
WEB内覧会*ダイニング
WEB内覧会*キッチン
WEB内覧会*ワークスペース
WEB内覧会*洗面所
WEB内覧会*玄関
WEB内覧会*トイレ
WEB内覧会*和室

にほんブログ村テーマ インテリアデザインへ【インテリア・収納】
インテリアデザイン
シンプル・モダン インテリア
暮らしをつくるインテリア*
シンプルで綺麗な収納&片付け
収納の法則
わが家の快適収納