keigoman’s diary

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

お気に入りの照明シリーズ① 観葉植物をおしゃれに見せてくれる間接照明

 

リビングの照明は暖色系でまとめ、

夜は間接照明をメインにした明るさの中で過ごしています。

そんな我が家にある照明は、

あれこれ吟味した結果「これ」と決めたものばかり。

そんなお気に入りの照明たちを、紹介してきたいと思います。

今回はその第1回。

 

モデルハウスであれ、住まい系の雑誌であれ、

おしゃれなリビングに共通しているアイテムがあります。

 

観葉植物です。

 

おしゃれな空間に緑は必須だと言わんばかりに、

どんなモデルハウスでも、部屋紹介系の雑誌でも、

そこにはもれなく、観葉植物が置いてあるわけです。

f:id:keigoman:20181115210343j:plain

↑と、こちらはモデルハウスですが、

テレビ台の横に大きめの観葉植物は定番です。

 

部屋の中に緑があるのは、やはりいいものです。

かつて分譲マンションに住んでいた頃は

日当たりが悪く、すぐに枯らしてしまっていたのですが、

一軒家に引っ越してからはそんなこともなくなりました。

 

www.keigoman.com

 

もちろん我が家のリビングにも、数えてみれば

大小5つもの観葉植物がおいてあります。

そんな中でも、もっとも大きくて目を引くのが、

テレビわきにあるこれです。

f:id:keigoman:20181115205655j:plain

 

入居して一番最初に、気に入って購入した物で

シルクジャスミンという名前の観葉植物です。実は、

こちらは、ある時期に多忙が過ぎて水やりをさぼったことで

徐々に葉が減ってしまい、残念ながらお亡くなりに。

そして2代目となる現在の観葉植物がこちら。

f:id:keigoman:20181115214139j:plain

 

ゴムの木の一種、フィカスアルテシマです。

前回の反省を踏まえ、あまり水やりに

気を使わなくてもいいものにしました。

 

そして、この緑を、より素敵に見せてくれるのが、

この白くて大きな植木鉢風のケース。

フォレスタリウムという、照明器具です。

PIANTA×STANZA(ピアンタ×スタンツァ)

というメーカーの商品で、HPの説明の言葉を借りれば、

以下のようになります。

 

星空を映し出すプラネタリウムのように室内に

森の影を映し出す照明インテリアforestarium(フォレスタリウム)。

プランター底面部分に内蔵されたLED電球が、

真下から植物を照らすことで

天井に植物のシルエットを投影させることができます。

 

SとLのサイズがあるのですが、

我が家にあるこちらは、Lサイズ。

そして葉陰が天井に移っている様子がこちらの写真。

f:id:keigoman:20181116073231j:plain

 

リゾートホテルのエントランスなどで、

植栽の下からライトアップされているあの雰囲気。

ここに置く植物次第でシルエットが変わるのですが、

最初に置いていたシルクジャスミンの時は少し葉の量が多く、

光が天井まで届きにくいということがあったので、

今回はすっきりしたものを購入しました。

 

お気に入りなので、少しだけ角度を変えてもう一枚。

f:id:keigoman:20181116073434j:plain

 

中はこのようになっていて、

透明な板の上に観葉植物を乗せており、その板の下から、

3つのLED照明が上に向かって照らし出しているわけです。

f:id:keigoman:20181116073549j:plain

 

部屋を素敵に見せてくれる、観葉植物と間接照明。

その2つが一体になったフォレスタリウムは、

我が家にある照明の中でも、一番のお気に入りなのです。 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フォレスタリウムL/ホワイト(フランスゴム)
価格:71280円(税込、送料別) (2018/11/15時点)

楽天で購入

 

 

 鉢自体の色は、白と黒から選べるようですが、

我が家の場合は白。そして、

いつも目に入る光景に置くものなので、奮発してみました。

 

www.keigoman.com

↑お気に入り照明は、他にもあります。

読者登録していただくと更新の大きな励みに

なりますのでよろしくお願いします。

 


にほんブログ村

↑ランキングに参加しています。

押していただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。