keigoman’s diary

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

【web内覧】リビング学習スペース+吹抜けを設けた、2階の子世帯ダイニング

 

1階は親世帯、2~3階は私たち夫婦と

小学生の息子3人が住む、二世帯住宅の我が家。

そのため、私たち子世帯のリビングは2階にあります。

f:id:keigoman:20190318142841j:plain

 

18.5帖のLDKは長方形。そしてこの空間のうち、

今回はダイニング部分をご紹介。

丸で囲んだあたりです。

f:id:keigoman:20190318143257j:plain

 

全景がこちら。

f:id:keigoman:20190318143522j:plain

 

ダイニングテーブルの真上に吹抜けがあるため、

昼間の明るさは、外の明るさと同じです。

f:id:keigoman:20190319170400j:plain

かつてマンションの1階に住んでいた頃は

昼間でもダイニングの照明を点けていましたが、

今はそんなことは全くなくなりました。

リビングを、テレビの側から見るとこんな感じ。

f:id:keigoman:20190318143957j:plain

 

天井を切り取ったような空間には

はめ込み式の縦長の窓があり、

ここから光が入ります。

f:id:keigoman:20190318144122j:plain

 

上から見下ろすとこんな感じ。

f:id:keigoman:20190318144155j:plain

 

家具はソファやテレビボードと同様、カリモク。

色はウォールナットで統一しました。

f:id:keigoman:20190318144329j:plain

 

ダイニングテーブルには、

片面に椅子、片面にベンチを設置。たまに、

下に住むじいちゃんばあちゃんにも来てもらい、

家族5人そろって食事ができるサイズとなっています。

そしてまた、椅子は180度方向を変えて、

反対側に置かれた学習コーナー用の

椅子としても使います。

f:id:keigoman:20190318144824j:plain

 

ノートパソコンが置かれているあたりでは母親が、

その右では小学生の息子が勉強する空間です。

子どもはリビングで学習をさせることで

賢くなるとの話で、我が家も採用しました。 

www.keigoman.com

 

ちなみに一番左に置かれている十字のアイテムは、

ダイソンのデスクライト。

f:id:keigoman:20190318145048j:plain

 

www.keigoman.com

 

その机の下には、雑誌や手紙などを

いったん入れておく袋があります。

f:id:keigoman:20190319174449j:plain

 

www.keigoman.com

 

そしてヘーベルハウスの重量鉄骨は

とにかく壁が分厚く、この窓でそれを感じます。

f:id:keigoman:20190319171300j:plain

 

ちょっとした出窓くらいに、

窓枠の下部にスペースがあるのです。

この窓枠の奥行はつまり、外壁の厚さ。

木枠の部分だけで142㎜。

薄手のミニコンポくらいなら余裕で置けますし、

サッシの部分まで使えば、

A4サイズの本も置ける奥行です。

 

そしてまたこの窓にもシェードのカーテンが

設置されていますが、

ここは、窓枠の中に取り付けてあります。

つまり、リビングにある大きな窓のカーテンは

窓枠の外側に取り付けてあり、

f:id:keigoman:20190319171712j:plain

 

ダイニングにある腰高の窓は、

枠の中にカーテンが収まる構造。

下の写真で、カーテンの布の面が、

壁とフラットになっているのが

お判りいただけるかと思います。

シェードのカーテンはこのように、

取り付け方が2種類あるということです。

窓によって、取付位置をどうするのかを、

その窓ごとに考える必要があります。

f:id:keigoman:20190319171843j:plain

 

また、この窓の向かい側の壁はこんな感じ。

f:id:keigoman:20190319172132j:plain

 

左側にある、1階と繋がる階段の出入口のドアは

天井高までのものとし、大きなガラスを入れました。

f:id:keigoman:20190319172202j:plain

 

ドアの高さを変えるのはオプションとなりますが、

LDKなど人目に付く場所は、このタイプにすると、

注文住宅感が出ます。 

www.keigoman.com

 

また右の出入り口は、3階へと上がる階段。

リビングを通らないと、

息子は自分の部屋に上がれない構造です。

f:id:keigoman:20190319174304j:plain

 

そしてまた、壁には以前住んでいたマンションから

流用した、お気に入りのハンガーフック。

f:id:keigoman:20190319172748j:plain

 

www.keigoman.com

 

そしてその横には、給湯器や床暖房などの

コントロールパネルを配したニッチを設けました。

f:id:keigoman:20190319172913j:plain

 

こうした凹みも、注文住宅の場合は

事前に申し出て施工してもらう必要があります。

工事の段階で、こうなっているということ。

f:id:keigoman:20190319173041j:plain

 

これが、こうなるわけです。

f:id:keigoman:20190319173132j:plain

 

www.keigoman.com

 

また巾木は、昨今のモデルハウスの流行に倣い、

限りなく目立たない小さなものとしました。

モデルハウスでよくみられるのがこれで、

f:id:keigoman:20190319173631j:plain

 

我が家の巾木も、同じもの。

f:id:keigoman:20190319173652j:plain

 

小さい方がすっきりして天井が高く見える

というのが最大の理由ですが、

詳細は下記の記事にて。 

www.keigoman.com

 

夜には、暖色系の灯りでくつろいでおりまする。

f:id:keigoman:20190319174752j:plain

 

最近はこんなアイテムも仲間入りして、

ますますお気に入りの空間となりました。

f:id:keigoman:20190319174916j:plain

 

www.keigoman.com

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑家ブログのランキングに参加しています。

こちらの写真をクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。

 

読者登録していただくと更新の大きな

励みになりますのでよろしくお願いします。